タイ拠点振り込め詐欺グループ 管理役か 男を日本に移送し逮捕

タイ拠点振り込め詐欺グループ 管理役か 男を日本に移送し逮捕
k10012077521_201909120743_201909120928.mp4
タイで日本人をねらった振り込め詐欺グループの拠点が摘発された事件で、警視庁は、先月、不法滞在の疑いで逮捕された拠点の管理役とみられる日本人の男を日本に移送し、詐欺の疑いで逮捕しました。
ことし3月、タイ中部のパタヤで、日本人をねらった振り込め詐欺グループの拠点が現地の警察に摘発され、これまでに日本人の男17人が詐欺の疑いで警視庁に逮捕されています。

その後、先月23日に拠点の住宅を借りる際の名義人になっていた住所、職業ともに不詳の陣内大和容疑者(30)が、タイの警察に不法滞在の疑いで逮捕され、日本に移送されることになり、12日未明、タイの空港を出発しました。

そして、12日午前6時すぎに羽田空港に到着し、警視庁は、福井市の女性にうそのメールを送って30万円分の電子マネーをだまし取ったなどとして、詐欺の疑いで逮捕しました。

捜査員に囲まれて到着出口から出てきた陣内容疑者は上着のフードをかぶり、うつむき加減で無言のままでした。

捜査関係者によりますと、陣内容疑者は拠点の住宅を借りていたほか、メンバーのビザの更新の手配をするなど、管理役だったとみられるということです。

このグループによる被害額は、ことし1月から3月にかけて1億8000万円、被害者は110人に上るということで、警視庁は、海外に拠点を設けるなど、組織力がある暴力団が関与しているとみて捜査しています。