初閣議後会見 竹本IT担当相 世界最先端のデジタル国家目指す

初閣議後会見 竹本IT担当相 世界最先端のデジタル国家目指す
竹本IT担当大臣は、初閣議のあとの記者会見で、「世界最先端のデジタル国家を目指し、誰もがデジタル技術の恩恵を享受できるようにする必要がある。ITになじめない人がいる状態をどう解消していくかが課題の1つだ」と述べました。

また、科学技術政策も担当する竹本大臣は、「日本のノーベル賞受賞者はアメリカに比べると少なく、基礎研究の体制が十分ではないことも影響している。できるだけ効率よく研究できる仕組みづくりが必要だ」と述べました。