初閣議後会見 衛藤沖縄北方相「基地跡地利用で振興を」

初閣議後会見 衛藤沖縄北方相「基地跡地利用で振興を」
衛藤沖縄・北方担当大臣は、初閣議のあとの記者会見で、普天間基地など沖縄県にあるアメリカ軍施設の返還が実現した場合の対応について、「跡地利用を積極的に検討し、沖縄全体の振興にあてていきたい」と述べました。

また、領土問題も担当する衛藤大臣は、島根県の竹島や沖縄県の尖閣諸島について、「国内外にわが国の立場への正確な理解が浸透するよう、外交政策との整合性も確保しつつ、発信の強化に取り組んでいきたい」と述べました。

さらに北方領土問題については、「世論の啓発や、交流事業の円滑な実施、元島民の援護に積極的に取り組み、ロシアとの平和条約締結に向けた外交交渉を後押しすることが使命だ」と述べました。