香港証券取引所 ロンドン証券取引所に合併提案

香港証券取引所 ロンドン証券取引所に合併提案
香港の証券取引所は11日、イギリスのロンドン証券取引所に対し、合併を提案していることを明らかにしました。合併が実現すれば、アジアとヨーロッパにまたがる世界有数の証券取引所グループが誕生することになります。
香港証券取引所11日、イギリスのロンドン証券取引所グループの株式を買い取る形で合併の提案をしたことを明らかにしました。

株式の取得にかかる金額は、およそ296億ポンド、日本円にして3兆9000億円規模に上る見込みで、資金は現金や新株の発行で賄うとしています。合併が実現すれば、アジアとヨーロッパにまたがる世界有数の証券取引所グループが誕生することになります。

世界の取引所では、取引システムのスピード化などで競争が激しくなっており、合併による規模の拡大などで投資を効率化し、競争力を高めるねらいがあるものとみられます。

これについて香港証券取引所は「合併は互いにウィンウィンの戦略的なチャンスとなると信じている。両者はそれぞれアジアとヨーロッパの最大規模、かつ重要な金融センターであり、今後の協議を通じて、この合併が双方にとって利益となることを示していきたい」としています。