初閣議後会見 橋本五輪相「誇りが持てる大会に」

初閣議後会見 橋本五輪相「誇りが持てる大会に」
橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は、初閣議のあとの記者会見で、来年の東京オリンピック・パラリンピックについて、「する人、見る人、支える人、あらゆる立場がしっかり融合され、心豊かで持続可能な社会をつくりあげていくための大会にしなければいけない」と述べました。

そのうえで、「アスリートたちが国境を越えてしっかりと夢と希望に向かって頑張っていく舞台をつくり、その先の人生で『すばらしい経験だった』という誇りが持てるようにしたい」と抱負を述べました。