千葉 台風で屋根が壊れた住民は雨漏りを心配

千葉 台風で屋根が壊れた住民は雨漏りを心配
千葉県市原市では10日夜6時半ごろから雨が降り、台風で自宅の屋根が壊れた住民は雨漏りしないか心配しながら夜を過ごしていました。
台風による強風で屋根瓦が飛んでしまったという70代の男性は、「知人が屋根にブルーシートを張ってくれたので、少し安心していますが本格的に修理できるのはまだ先になるのでこの先、雨漏りしないか心配です」と話していました。