千葉 夜はエアコンが効く車の中で過ごす被災者も

千葉 夜はエアコンが効く車の中で過ごす被災者も
千葉県富津市の川名健一さん(68)と妻の和枝さん(63)の自宅では今月9日から停電や断水が続いています。

屋根に太陽光発電のパネルを設置しているため日中は冷蔵庫など一部の家電を使用できますが、蓄電する機能はなく、夕方になると電気は使えなくなります。

家の中では、懐中電灯2本で明るさを確保していると言います。断水も続いているため、くみ上げた井戸水を浴槽にためて、体を拭いたりトイレを流したりするのに使っているということです。

夜間は暑さをしのぐため、夫婦でエアコンが効く車の中で多くの時間を過ごし、車内のテレビで情報を確認しているということです。

川名健一さんは「これほどの被害を経験したのは初めてです。電気自動車の充電も少なくなってきているので、できればあと1日、2日で復旧してほしい」と話していました。