日中経済協会訪問団が李首相と会談 自由貿易の推進で一致

日中経済協会訪問団が李首相と会談 自由貿易の推進で一致
中国を訪れている「日中経済協会」の訪問団は、11日中国の李克強首相と会談し、米中の貿易摩擦の影響が世界に広がっていることを踏まえ、世界経済の成長と安定のためには自由貿易の推進が重要だとの認識で一致しました。
日本の経済界の代表らが参加する「日中経済協会」の訪問団は、11日北京の釣魚台迎賓館で中国の李克強首相と会談しました。

この中で李首相は「世界経済は不確定な要素があり、下ぶれの圧力に直面している。日中が世界の主要な経済大国として協力を強化することが、二国間だけでなく世界経済の成長と安定にも資する」と述べました。

続いて、日中経済協会の宗岡正二会長が米中貿易摩擦の影響が世界に広がっていることを踏まえ、「多角的で自由な貿易や投資の原則が重要で、米中両国が交渉による問題解決を図るよう期待する」と述べました。

これに対して李首相は「人間社会の発展のプロセスにおいて、必然的な道であり、世界経済の発展のためにも、自由貿易を推進していきたい」と応じ、世界経済の成長と安定のためには自由貿易の推進が重要だとの認識で一致しました。

米中貿易摩擦をきちんと解決したいという姿勢が印象的

中国の李克強首相との会談のあと、日中経済協会の宗岡正二会長は記者団に対し、「会談の中で李首相は山の絵を指さし、『中国の今の経済は、厳しい状態にあるが、厳しい山にも登る道がいくつかあるはずだ』と話し、米中の貿易摩擦の問題をきちんと解決したいという姿勢が印象的だった」と述べました。