TBS クレイジージャーニー「事実をゆがめた」番組休止

TBS クレイジージャーニー「事実をゆがめた」番組休止
TBSのバラエティー番組「クレイジージャーニー」の珍しい生物を捕獲する企画で、事前にスタッフが準備した生物をその場で発見したかのように伝えていたことが分かり、TBSは、事実をゆがめた内容だったとして謝罪するとともに、事実関係の調査が終わるまで番組を休止すると発表しました。
TBSによりますと、先月14日に放送したバラエティー番組「クレイジージャーニー」の、メキシコで珍しい、は虫類の生物を捕獲する企画で紹介した6種類の生物のうち、「メキシコサラマンダー」など4種類が番組のスタッフによって事前に準備されていたことが分かったということです。

スタッフはことし7月にメキシコでロケを行った際、ねらった生物を発見できなかったことから、現地の協力者に頼んであらかじめ準備していた生物を放して撮影していたということです。

またそれまでに放送した10回の企画を調べたところ、捕獲した37種類の生物のうち11種類が事前に準備されたものだったということです。

今月に入って、外部からの指摘があり調査を進めたところ、発覚したということで、TBSは「事実に依拠した番組で事実をゆがめたことになり、あってはならないものと考えています。深くおわび申し上げます」などとするコメントをホームページに掲載し、事実関係の調査が終わるまで番組を休止すると発表しました。