内閣改造 立民 福山幹事長「国民不在のお友達 側近重用内閣」

内閣改造 立民 福山幹事長「国民不在のお友達 側近重用内閣」
立憲民主党の福山幹事長は記者団に対し、「『国民不在のお友達、側近重用内閣』だ。何を目指しているのか全くわからず、期待感も高揚感もない」と述べました。
また萩生田文部科学大臣について、「まさに加計学園をめぐる問題の当事者のひとりであり、事実関係について審議をしていかなければならない」と指摘しました。

一方で、小泉進次郎環境大臣については「汚染水や廃炉などの課題に果敢に取り組んでほしい。経済産業省と互角に渡り合い、脱原発の道筋をつけてほしい」と期待を示しました。