停電一部復旧 スーパーあすから営業へ準備 千葉 君津

停電一部復旧 スーパーあすから営業へ準備 千葉 君津
9日未明から広い範囲で停電が続く千葉県君津市では11日、市内の一部の地域で停電が復旧し、スーパーでは12日からの営業に備え準備を進めていました。
千葉県では、11日午後5時現在でも、県内の広い範囲で41万戸余りが停電していて、このうち君津市では9日、最大で3万7000戸余りが停電していましたが、11日、一部の地域で復旧しました。

このうち君津市外箕輪にあるスーパーマーケット「いなげや君津店」では、9日の未明から停電が続いていましたが、11日午後4時すぎに復旧し、店員らが12日からの営業に向けて、商品の手配や冷蔵庫の点検などの準備を進めていました。これまでに停電で傷んだ肉や野菜、乳製品など1万点近くの商品を廃棄したということです。

店では、10日から近隣の住民の要望を受けて、おにぎりや飲料水、懐中電灯などの商品に限って店の外で臨時販売をしていましたが、12日からは本格的な営業を再開したいとしていて、いなげや君津店の日野有二店長は、「クーラーが効かない中で廃棄作業を行うのは大変で、数時間かかりました。先ほどやっと電気がついてよかったです。急いであすから営業できるように準備します」と話していました。