大関復帰目指す貴景勝が4連勝 大相撲秋場所4日目

大関復帰目指す貴景勝が4連勝 大相撲秋場所4日目
大相撲秋場所は4日目、大関復帰を目指す関脇・貴景勝は、平幕の友風に押し出しで勝って4連勝です。
中入り後の勝敗です。

▽東龍に貴源治は貴源治が押し出しで勝って初白星です。

▽豊山に新入幕の剣翔は、豊山が突き落とし。

▽栃煌山に輝は栃煌山が押し出し。

▽錦木に石浦は石浦が押し出し。

▽大翔鵬に豊ノ島は豊ノ島が肩透かしで勝って初白星です。

▽炎鵬に松鳳山は松鳳山が浴びせ倒し。

▽明生に阿武咲は明生が押し出し。

▽琴勇輝に佐田の海は琴勇輝が突き出し。

▽宝富士に隠岐の海は隠岐の海が小手投げで勝って4連勝です。

▽琴恵光に照強は琴恵光が押し出しで初白星です。

▽琴奨菊に千代大龍は琴奨菊が寄り切り。

▽竜電に妙義龍は妙義龍が寄り切り。

▽正代に志摩ノ海は正代が寄り切り。

▽玉鷲に大栄翔は大栄翔が突き出しで初白星です。

▽遠藤に朝乃山は遠藤が寄り切り。

▽碧山に御嶽海は御嶽海が押し出し。

▽貴景勝に友風は、貴景勝が押し出しで勝って4連勝です。

▽大関 豪栄道に北勝富士は豪栄道が押し出し。

▽阿炎に大関 栃ノ心は栃ノ心が相手のまげを引っ張る反則があり、行司軍配差し違えで阿炎の勝ちとなりました。

▽逸ノ城に横綱 鶴竜は鶴竜が肩透かしで4連勝です。

大関復帰目指す関脇・貴景勝「1つ1つやっていくだけ」

今場所初白星の貴源治は、「連敗が止まってよかったです。今場所は始まったばかりだからこれから白星を伸ばしたいです。あす、あさってと続くので集中していきます」と話していました。

2勝2敗となった新入幕の剣翔は「もろ差しでいこうと思ったが土俵に上がってから迷ってしまった。どうしようかと何も決まっていない状態で取組を迎えてしまった。あすからは迷わずにやる、それだけです」と悔やんでいる様子でした。

炎鵬との1分を超える相撲を制した松鳳山は、「自由に動くスペースを与えないように、動かれないようにと思っていた。疲れたが、相手は自分以上にきついと思う。互いに負けたくないと思う中でいい相撲だったね」と時折、笑顔を見せていました。

一方、今場所初黒星を喫した炎鵬は、「もう少し我慢していればよかったですが、土俵際だったのでどうしても土俵の中に戻りたいというのもあった。我慢してじりじりと自分の形に持っていければよかった。スピードは通用していると思うが決めきる力が足りない。あすから勝てるように頑張りたい」と淡々と話していました。

平幕でただ1人4連勝の隠岐の海は、「これ以上ないほどいいので考えすぎないようにしていきたい。連勝してから連敗するときもあるので一番、一番いきたい」と話していました。

大関復帰を目指す関脇・貴景勝は4連勝、「悪くなかったと思う。相手より自分がどういう相撲を取るかだと思うし、きょうに関しては、自分の相撲が上回ったということだ。ただ評価は自分でするものではないし、大関復帰については全然考えていない。1つ1つやっていくだけだと思うしダメでも腐らずに今場所を頑張っていければよい」と話していました。

相手のまげを引っぱって行司軍配差し違えで、反則で敗れた角番の大関・栃ノ心は、「あっと思ってすぐに離した。初めてだね」と振り返ったあと「はーっ」と大きくため息をついていました。

4連勝の横綱・鶴竜は、「とにかく相手を動かして先に先に動こうという考えだった。とにかく動きの中でと思っていたので、そこはよかった。きょうは終わったのでまたあすという感じで、まだ4日目ですから」と淡々と話していました。

一方、敗れた逸ノ城は、取組で肩を痛めた様子で「右肩が外れました」と話し、険しい表情をしていました。