熱中症千葉県では48人病院に搬送

熱中症千葉県では48人病院に搬送
千葉県内で、熱中症や熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人は、11日午後4時現在、48人となっています。
千葉県によりますと、11日午後4時までに、熱中症や熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人は48人で、10日の同じ時間と同数、9日と比べると4倍の多さで、搬送が相次いでいます。

このうち市原市では、屋外で建物の足場の解体作業を行っていた30代の男性が手のけいれんを起こしているのが見つかり、病院で治療を受けるなど9人が搬送されました。

また、搬送された人の数は千葉市で5人、松戸市で4人、木更津市で3人となっています。これらの搬送された人うち、入院が必要な患者は24人となっています。

千葉県内では停電が長引いていることから、県は、こまめな水分補給を呼びかけていて、停電が続く地域では熱中症に十分な注意が必要です。