東京電力 午後6時半から会見 停電復旧見通しを説明

東京電力 午後6時半から会見 停電復旧見通しを説明
台風15号の影響で、11日午後5時現在、千葉県を中心に41万戸余りで停電が続いています。東京電力は午後6時半から記者会見を開き、復旧の見通しについて説明することにしています。
東京電力によりますと、午後5時現在では千葉県で41万5000戸余り、神奈川県でおよそ1300戸の合わせて41万6000戸余りで停電が続いています。

東京電力は11日朝の記者会見で、11日中の全面復旧のめどは立っていないとしていましたが、午後6時半から記者会見を行って、改めて今後の復旧の見通しについて説明することにしています。

また、東京電力はツイッターで復旧の見通しを順次公表していて、木更津市、袖ケ浦市、いすみ市、それに富津市などの一部の地域ではまもなく復旧すると見込んでいるということです。

一方、東京電力は、千葉県内の医療機関や市役所などに電源車100台余りを配置し、今後も他の電力会社と協力しながら台数を増やしていくことにしています。