内閣改造 韓国メディア 関係改善容易でないとの論調

内閣改造 韓国メディア 関係改善容易でないとの論調
日本の内閣改造について、韓国外務省はコメントを発表し、「日本の新しい内閣が正しい歴史認識の土台の上で、両国の関係を安定的に発展させていくことを期待する」としています。
また、韓国メディアも大きく報道していますが、韓国に対して厳しい姿勢の閣僚が多く、関係改善は容易ではないという論調が目立っています。

このうち、通信社の連合ニュースは、「歴史や領土の問題などで、勝手な主張をしてきた人たちが抜てきされた。対立が深刻化している両国の関係は、解決の出口を見つけるどころか、むしろさらに悪化する懸念が出ている」と分析しています。

また、ニュース専門のテレビ局、「YTN」は、外務大臣に起用された茂木敏充氏について、「安倍総理大臣の信頼が厚く、太平洋戦争中の『徴用』をめぐる問題や、慰安婦問題などでこれまで以上に日本の立場を強く押し通すことが予想される」と伝えています。