台風影響 携帯電話と固定電話の状況(午後3時現在)

台風影響 携帯電話と固定電話の状況(午後3時現在)
携帯各社によりますと、台風15号の影響で各地で停電が続いていることなどから、関東地方や静岡県の一部の地域で携帯電話やスマートフォンでの通話や通信がつながりにくくなっていて、携帯各社では移動基地局や移動電源車を配備するなどして対応しています。
携帯各社では、スマートフォンなどの端末と電波をやり取りする基地局が停電の影響で機能していないところがあり、通話や通信がつなりにくい状態が続いています。

このうちNTTドコモは次の地域の一部で携帯電話がつながりにくくなっています。

▽東京都は大島町、新島村。
▽神奈川県は横浜市鶴見区、横須賀市、鎌倉市など、5の市と町。
▽千葉県は千葉市稲毛区や船橋市、館山市など43の市と町。
▽静岡県は東伊豆町です。

KDDIは次の地域の一部で携帯電話がつながりにくくなっています。

▽東京都大島町。
▽千葉県は千葉市稲毛区、緑区、若葉区など37の市と町。
▽茨城県は鉾田市と鹿嶋市。
▽静岡県は下田市、伊東市、河津町です。

ソフトバンクは、
▽東京都の新島村。
▽静岡県の伊豆市、東伊豆町、河津町。
▽千葉県の千葉市若葉区、館山市、南房総市など、26の市と町の一部の地域。

各社はそれぞれのホームページでつながりにくい地域の一覧を公表しています。
また、移動基地局や移動電源車を配備して対応しています。

また、携帯大手3社は、インターネットを通じて安否情報を文字で登録したり確認したりできる「災害用伝言板」のサービスを提供しています。

一方、NTT東日本によりますと、通信設備の非常用電源がストップしている影響で、千葉県の広い範囲のおよそ10万2000回線で電話が通じなくなっているほか、インターネットも7万回線でつながらなくなっています。

NTT東日本では、千葉県内の公衆電話およそ7000台を無料で使えるようにしているということです。