内閣改造 維新 松井代表「改憲に向けた党内配慮型内閣」

内閣改造 維新 松井代表「改憲に向けた党内配慮型内閣」
日本維新の会の松井代表は、大阪市役所で記者団に対し、「憲法改正に向けた『党内配慮型内閣』ではないか。安倍総理大臣の残り2年間の任期の中で、大臣になりたいという意思のある人たちを配置することで党内融和を図り、一丸となって憲法改正に臨めるよう配慮したのではないか」と述べました。
そのうえで、「われわれも憲法改正については独自案を持っているので、早期に国会の憲法審査会の開催を求めて、正面から議論して、国民に一度判断を仰ぎたい」と述べました。