避難生活で持病悪化 救急搬送される人も 千葉県内

避難生活で持病悪化 救急搬送される人も 千葉県内
台風15号による大規模な停電の発生から2日以上がたった今も、千葉県内では広い範囲で停電が続いています。避難所では、避難生活が長引くにつれて、持病が悪化し搬送される人も出ています。
このうち千葉県君津市では、10日から電力会社の電源車で照明やクーラーが復旧した避難所の1つを「特別避難所」に指定し、体調の悪い人や障害のある人、それに妊婦などを優先的に受け入れていますが、避難が長引く中、持病が悪化する人も出ています。

11日午後1時すぎには、この特別避難所に避難していた人工呼吸器をつけた80代の女性が救急搬送されました。女性の家族によりますと、女性は息苦しさなどを訴えたということです。女性の家族は、「人工呼吸器で酸素を吸っていましたが、酸素が送れなくなったようです。暑くてトイレも近くなっていたので熱中症になったかもしれず、心配です」と話していました。