停電続く 複数の医療機関で人工透析できず 千葉県内

停電続く 複数の医療機関で人工透析できず 千葉県内
台風15号に伴う停電の影響で、千葉県内の複数の医療機関で人工透析ができなくなっています。
人工透析が行えない施設や受け入れ可能な施設の情報を収集するため、日本透析医会はホームページに「災害時情報ネットワーク」というサイトを開設し、最新の状況を掲載しています。

それによりますと、11日午後1時すぎの時点で、人工透析ができないのは、
▽千葉市若葉区の千葉中央メディカルセンター、
▽館山市の亀田ファミリークリニック館山、
▽富津市の鈴木内科クリニック、
▽館山市の原クリニック、
▽八街市の東葉クリニック八街の5つの医療機関です。

一方、県内の40の施設では患者の受け入れが可能だとホームページ上で回答していて、日本透析医会によりますと、現在はこうした施設で患者を受け入れる対応を行っているということです。