停電でエアコン使えず 民生委員が高齢者見回り 千葉 君津

停電でエアコン使えず 民生委員が高齢者見回り 千葉 君津
台風の被害でいまも停電が続く千葉県では、30度を超える暑さの中、多くの住宅でエアコンが使えない状態が続いています。君津市では地域の民生委員が1人暮らしのお年寄りを訪ねて、熱中症になっていないかなど健康状態を確認しました。
このうち、君津市の中でも高齢者が多い北子安地区では、民生委員が高齢者の自宅を訪ね、体調に変化がないかや、食料やふだん飲んでいる薬が足りているかなどを確認していました。

訪問を受けた高齢者は「暑くて疲れがたまってきている」などと相談し、民生委員が避難所の情報を伝えるなどアドバイスしていました。

1人暮らしをしている70代の男性は「体調は何とか大丈夫だが、暑くてたまらない。停電で、冷凍庫にある生ものもダメになってしまった。停電がこんなに長く続くとは思っていなかった」と話していました。

見回りを行った民生委員の木村憲治さんは「これだけ暑い中、停電が解消しないので熱中症が心配です。見回りをして体調が悪い人を見つけたら、救急に電話したり、避難所に連れていったりして見守っていきたい」と話していました。