断水地域を支援 千葉県流山市などが給水車派遣

断水地域を支援 千葉県流山市などが給水車派遣
台風の被害が比較的大きくなかった千葉県北西部の自治体では、断水が続く地域に給水車を派遣して支援する動きが広がっています。
このうち、千葉県流山市の水道局では、断水が続いている県の北東部の多古町に向けて給水車などを派遣しました。

給水車は、およそ2トンの水を供給でき、別のワゴン車には、飲料水が入った500ミリリットルのペットボトル、200本余りも積み込みました。

水道局の職員は、多古町役場に向かったあと、現地の担当者の指示を受けて給水を行う予定です。

流山市上下水道局の矢幡哲夫次長は「水は生命に関わるものなので、態勢を整えて微力ながら支援に当たりたい」と話していました。