保健師を避難所に派遣 避難住民の体調ケア 千葉 市原市

保健師を避難所に派遣 避難住民の体調ケア 千葉 市原市
千葉県市原市は、避難してきた人たちの体調をケアするため、保健師を5つの避難所に派遣しています。
このうち国分寺公民館には保健師2人が派遣され、赤ちゃん連れの母親や高齢者の相談に乗り、熱中症の対策として、手足を水でぬらすなどして少しでも体温を下げるよう呼びかけていました。

避難している20代の女性は、「電気が使えず不安な状態なので、保健師さんにいろいろな相談ができてよかったです」と話していました。