停電続く千葉で真夏日 熱中症対策を

停電続く千葉で真夏日 熱中症対策を
前線などの影響で東日本や東北ではこれから夜にかけて大気の状態が不安定になり、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。一方、広い範囲で停電が続く千葉県では各地で真夏日になっていて、熱中症への対策が必要です。
気象庁によりますと日本海にある前線を伴った低気圧に流れ込む暖かく湿った空気の影響で、東北や東日本を中心に大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達しています。

午前11時半までの1時間には、山形県の鶴岡市鼠ヶ関で33.5ミリの激しい雨を観測しました。

大気の不安定な状態は今夜にかけて続き、東日本や東北では局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、落雷、竜巻などの突風に十分注意するよう呼びかけています。

一方、11日も東日本と西日本の広い範囲で気温が上がり、広い範囲で停電が続く千葉県でも午前11時半までの最高気温は、茂原市で32度4分、木更津市で31度8分などと各地で30度以上の真夏日となっています。

このあと気温はさらに上がり、日中の最高気温は名古屋市と京都市で35度と猛暑日が予想されているほか、千葉市で32度など各地で平年を5度ほど上回る見込みです。

停電の続く地域では、できるだけ水分を補給するほか少しでも暑さをしのげる場所で過ごすなど、熱中症への対策をとってください。