内閣改造 経済産業相内定の菅原氏 SAMさんからメッセージ

内閣改造 経済産業相内定の菅原氏 SAMさんからメッセージ
k10012075311_201909111230_201909111231.mp4
経済産業大臣への起用が内定している菅原一秀さんは11日朝6時半ごろ、東京 練馬区の自宅を事務所の車で出発しました。
菅原さんが大切そうに抱えていたのは認証式で着るモーニング。これまで副大臣などに就任した際にはモーニングをレンタルしていましたが、今回、「入閣待機組」などとみずからが紹介される報道が相次ぎ、先週、都内のデパートで購入したということです。
「『万が一があるかもしれない』と思って買いました。幻のモーニングにならないでよかったです」
「経済産業省は、福島の復興や通商問題、それに中小企業対策など、課題が山積しており、身の引き締まる思いでいっぱいです」

内定が決まった10日はお祝いの電話やメールなどが1000件以上寄せられたということです。

中には大学時代にダンスユニットを組んでいた、ダンスボーカルグループ「TRF」のSAMさんからのメッセージも。SAMさんは絵文字付きで「おめでとう」と祝福。

菅原さんがお礼のメッセージを返信すると「本当によかった。俺もいろいろ頑張るよ」と。
このあと菅原さんはふだんと同じように地元の駅頭でマイクを握り、通勤客などに初入閣内定を報告し、「頑張ってください」、「大臣になってもおごらないように」などと声をかけられていました。

そして朝ご飯を食べに30年近く通っているという食堂へ。400円の「ごぼう天うどん」を食べて、初めての入閣を前にスタミナをつけていました。