西川社長は「ダブルスタンダード」 ゴーン氏の弁護士批判

西川社長は「ダブルスタンダード」 ゴーン氏の弁護士批判
k10012074681_201909110636_201909110641.mp4
不透明な報酬の問題などを受けて辞任することになった日産自動車の西川廣人社長についてゴーン元会長の弁護士は「元会長は不正報酬の問題で逮捕されたのに西川社長が『返せばいいだろう』で終わるならダブルスタンダードだ」と批判しました。
日産自動車の西川社長は不透明な報酬の問題などで求心力が失われたことを理由に、9日取締役会から速やかな辞任を求められ、今月16日付けで辞任することになりました。

西川社長は6年前に株価に連動した報酬を受け取る権利の行使日を変更し、当初よりおよそ4700万円多く報酬を受け取ったとされ、運用上の問題があったとして多く受け取った分は返還する意向を示しています。

これについてカルロス・ゴーン元会長の弁護を担当する弘中惇一郎弁護士が10日夜、報道陣の取材に応じ、「同じCEOの不正報酬の問題で、ゴーン元会長は逮捕され、100日以上勾留されたのに西川社長は『返せばいいだろう』で終わることなのか。一種のダブルスタンダードだ」と批判しました。

そのうえで「株価連動報酬の問題は元会長の共犯として起訴されたグレッグ・ケリー前代表取締役が月刊誌に書いて、明るみに出たもので日産の自浄作用によるものではない」と述べました。