あおり運転厳罰化へ 法改正検討 警察庁

あおり運転厳罰化へ 法改正検討 警察庁
悪質なあおり運転が相次いでいることを受けて、警察庁は、自民党の特別委員会で、あおり運転を厳罰化するため、道路交通法の改正について検討を進める方針を示しました。
茨城県内の高速道路であおり運転をした上、男性を殴ってけがをさせたとして、男が逮捕されるなど、悪質なあおり運転が相次いでいることを受けて、自民党は10日、対策を議論するため、交通安全対策特別委員会を開きました。

この中で、警察庁は、あおり運転を厳罰化するため、道路交通法を改正し、新たな違反規定を創設することや、急ブレーキ違反など既存の罰則の強化について、検討を進める方針を示しました。

特別委員会では、今後、警察庁と協議を進め、具体策をまとめることにしています。