貴景勝 初日から3連勝 大相撲秋場所3日目

貴景勝 初日から3連勝 大相撲秋場所3日目
大相撲秋場所は3日目、大関復帰を目指す貴景勝は朝乃山にはたき込みで勝って初日から3連勝としました。中入り後の勝敗です。
▽貴源治に栃煌山は栃煌山が押し出しで勝ちました。
▽豊山に東龍の返り入幕どうしの一番は東龍が送り出しで勝って初日から3連勝です。
▽石浦に豊ノ島は石浦が突き落とし。
▽新入幕の剣翔に錦木は剣翔がはたき込み。
▽輝に大翔鵬は輝が引き落とし。
▽阿武咲に松鳳山は阿武咲が押し出し。
▽炎鵬に琴勇輝は炎鵬が寄り切りで勝って3連勝です。
▽照強に明生は明生が送り出し。
▽佐田の海に宝富士は宝富士がはたき込み。
▽隠岐の海に琴恵光は隠岐の海が上手投げで勝って3連勝です。
▽琴奨菊に妙義龍は琴奨菊が寄り切り。
▽志摩ノ海に竜電は竜電が寄り切り。
▽千代大龍に正代は千代大龍が押し出し。
▽玉鷲に友風は友風がはたき込み。
▽阿炎に大栄翔は阿炎がはたき込み。
▽朝乃山に関脇 貴景勝は貴景勝がはたき込みで勝ちました。10勝以上を挙げて大関返り咲きを目指す貴景勝は初日から3連勝としました。
▽御嶽海に逸ノ城は御嶽海が寄り切り。
▽大関 栃ノ心に北勝富士は栃ノ心が寄り倒しで勝ちました。負け越すと大関陥落となる「角番」の栃ノ心は初白星です。
▽遠藤に大関 豪栄道は遠藤が寄り切り。角番の豪栄道は3日目で初黒星です。
▽今場所、一人横綱となった鶴竜に碧山は鶴竜がはたき込みで勝って3連勝です。

貴景勝「一生懸命やっていくだけ」

返り入幕で3連勝の東龍は「まわしを取れず、少し引いて失敗したと思ったが体が横に動いてくれた。場所前にしっかり稽古ができたのでね」と上機嫌でした。

炎鵬は土俵際で粘りを見せて3連勝、「まっすぐいこうと思った。相手の突きが目に入り見えなくなったが感覚でいった。そこから『残った』という声が聞こえるまで記憶がない。気が付いたら残っていてそこからがむしゃらにいった。土俵をうまく使えている。勝負どころをつかめているのが勝ちにつながっている」と振り返りました。

大関復帰を目指す関脇 貴景勝は3連勝し「差されたりまわしを取られたりしたら負ける。突き放してまわしを取られない展開になれば自分に有利かなと思った。それだけを頭に入れて相撲を取った。相手については、自分が出ていない場所で優勝し強いなと思っていて、いい立ち合いをしているなと思っていた。本格派でスケールもある。負けたくないし土俵に上がったら感情を持ち込まないのでね。相手の持ち味は関係なく自分がどういう相撲を取るかがいちばんだ。ここから負けたら3勝12敗。その可能性もある毎日、一生懸命やっていくだけで気持ちの振れ幅なくやっていきたい」と淡々と話していました。

一方、敗れた朝乃山は「左上手を取りにいって取れなくて離れ、前に行こうと思ったところをはたかれてしまった。上半身に力が入ったところを払われ相手のうまさにやられた。前に出て負けているのでプラスに考えていく」と切り替えていました。

角番の大関 栃ノ心は3日目で初白星に「落ち着いていたな。これで流れが変わればいいね。前に出るしかない」とほっとした様子でした。

遠藤は大関 豪栄道を破り、「内容はよかったです」と淡々と話していました。敗れた豪栄道は、「よい体勢になっていただけに悔しい」とことば少なでした。

一人横綱となった鶴竜は「動きの中で勝負をつけようと思っていて相手がしっかり見えていた。始まったばかりなのであした、また集中していきたい。立ち合いで1回、相手に当たるのが大事であとは体の動きに合わせてね。そのために稽古をしていますから」と充実した表情を見せていました。