市議 書類送検 事務局の女性職員の机触ったとして被害届 富山

市議 書類送検 事務局の女性職員の机触ったとして被害届 富山
ことし6月、富山市議会の議会事務局に無断で立ち入り、女性職員の机の上にあったものを勝手に触ったとして、市から被害届が出されていた木下章広議員について、警察は10日、建造物侵入の疑いで書類送検しました。
富山市議会の木下章広議員(37)は、ことし6月25日の夜、議会事務局に無断で立ち入り、女性職員の机の上のものを勝手に触ったとして、富山市から警察に被害届が出されていました。

警察は、木下議員から任意で事情を聴いたほか、自宅や議員控え室を捜索するなどして捜査を進めてきましたが、正当な理由がないのに議会事務局に無断で立ち入ったとして、10日、建造物侵入の疑いで書類送検しました。

木下議員は任意の調べに対し、容疑を認めているということです。

木下議員をめぐっては、ことし7月、市議会で辞職を促す糾弾決議が可決されたほか、今月、辞職勧告決議が全会一致で可決されていました。

木下議員は記者団に対し「書類送検されたことは聞いていない」としたうえで「とりあえずどうなるかわからないので検察の捜査を待ちたい。これ以上話すことはない」と述べました。