内閣改造 厚生労働相に自民・加藤勝信総務会長内定 再入閣

内閣改造 厚生労働相に自民・加藤勝信総務会長内定 再入閣
第4次安倍第2次改造内閣の厚生労働大臣に、自民党の総務会長、加藤勝信氏が内定しました。
加藤氏は衆議院岡山5区選出の当選6回で、63歳。自民党竹下派に所属しています。

旧大蔵省出身で、義理の父親の加藤六月 元農林水産大臣の秘書などを経て、平成15年の衆議院選挙で初当選しました。

これまでに官房副長官や一億総活躍担当大臣を歴任したほか、去年の通常国会では厚生労働大臣として働き方改革関連法の成立に尽力し、去年10月からは自民党の総務会長を務めてきました。

義理の父親の六月氏は、安倍総理大臣の父親、安倍晋太郎 元外務大臣の盟友で、安倍総理大臣と加藤氏も旧知の仲で知られています。

安倍総理大臣としてはみずからに近く、手堅い行政手腕や調整力を発揮してきた加藤氏を再び閣僚に起用することで政権運営を安定させるねらいがあるものとみられます。

加藤氏は4人の娘の父親で、娘たちから教えてもらった人気のラーメン店やハンバーガーショップの行列に並ぶなどグルメな一面もあります。

日頃から体力作りを心がけていて、急いでいる時もエレベーターは使わず、議員会館11階の事務所まで階段で上がっています。