停電の病院で患者死亡 県が停電の影響調査 千葉

停電の病院で患者死亡 県が停電の影響調査 千葉
9日、台風による影響で停電していた印西市の病院でたんの吸引が必要な入院中の男性患者が死亡しました。千葉県は停電の影響がなかったか調べています。
千葉県によりますと、9日午前9時すぎ、印西市にある「西佐倉印西病院」で脳梗塞などの治療のため入院していた62歳の男性患者が死亡しました。

千葉県が病院側から受けた説明によりますと、病院では台風15号の影響で午前3時ごろから断続的に停電が始まり午前5時45分に完全に停電しました。

男性は断続的な停電が始まったあとの午前4時半ごろから意識が低下し午前6時に酸素吸入の処置を受けましたが、午前9時すぎ死亡が確認されたということです。

一方、病院によりますと病院には自家発電装置がありましたが、不調のため動かず電源は確保できていなかったということです。

また、男性は容体が悪化し、電気式の吸引器を使ってたんを吸引する処置を受けていましたが、病院によりますと停電のため吸引はできなかったということです。

病院は取材に対し「男性の死因は肺炎や敗血症などによるものでたんの吸引ができなかったことは、直接関係ないと考えている」としています。

千葉県は停電の影響がなかったか調べています。