あおり運転のうえエアガン発射か 警察が捜査 愛知

あおり運転のうえエアガン発射か 警察が捜査 愛知
k10012074011_201909101941_201909101945.mp4
8日、愛知県の東名高速道路で、男性が車を運転中に別の車から「あおり行為」を受けたうえ、エアガンのようなものを発射され、警察が器物損壊と道路交通法違反の疑いで捜査しています。
8日の午前7時すぎ、愛知県の日進市からみよし市にかけての東名高速道路の上り線で、車を運転していた男性から「あおり運転を受け、エアガンを撃たれた」と警察に通報がありました。

警察によりますと、男性が東名高速道路の追い越し車線を走行していると、後ろから急接近してきた車に、執ようにクラクションを鳴らされるなどの「あおり行為」を受けたうえ、エアガンのようなものを発射されたということです。男性や一緒に乗っていた人にけがはありませんでしたが、車の後ろの部分がへこむなどの被害を受けたということです。

「あおり行為」を受けた車の同乗者が撮影しツイッターに投稿された動画には、後ろを走っている黒っぽいワゴン車の運転席側の窓から、エアガンのようなものが数発発射され、「バチバチ」という、車に弾が当たったような音が記録されています。

また、このワゴン車が何度もクラクションを鳴らしながら車間距離を詰めてくる様子も写っていて、被害に遭った男性は、10日までに警察に被害届を出したということです。

警察は、この動画を解析するなどして車の特定を進めるとともに、器物損壊と道路交通法違反の疑いで捜査しています。