ヤクルト 小川監督 成績不振の責任取り退任へ

ヤクルト 小川監督 成績不振の責任取り退任へ
プロ野球 ヤクルトは、小川淳司監督がリーグ最下位に低迷する成績不振の責任を取り、今シーズンかぎりで退任することを発表しました。
ヤクルトは今シーズン、5月から6月にかけてリーグ記録に並ぶ16連敗を喫するなどリーグ最下位に沈んでいます。

このため小川監督は成績不振の責任を取って、今シーズンかぎりで退任する意向を球団に伝えていました。

これについて、根岸孝成オーナーが了承したということで、球団は10日、今シーズンかぎりで小川監督が退任することを発表しました。

小川監督は千葉県出身の62歳。

2回目の監督就任となった昨シーズンは、前の年に球団ワーストの96敗でリーグ最下位だったチームを立て直し、2位に押し上げました。

2年契約の2年目となる今シーズンは、19歳の村上宗隆選手を開幕戦の先発メンバーに抜てきして中軸で起用するなど、若手の育成も図りながら4年ぶりのリーグ優勝を目指しましたが、現在、最下位に低迷しています。

次の監督候補にはヤクルトの二軍監督を務めている高津臣吾氏などがあがっています。

また宮本慎也ヘッドコーチも、今シーズンかぎりで退団することが発表されました。