立民・国民幹事長会談 2党1会派代表で運営方法を確認へ

立民・国民幹事長会談 2党1会派代表で運営方法を確認へ
会派の合流をめぐり、立憲民主党と国民民主党の幹事長が会談し、来週にも、野田前総理大臣が代表を務める衆議院の会派も含めた2党1会派の代表で会派の運営方法などを確認する方針で一致しました。
立憲民主党の福山幹事長と国民民主党の平野幹事長は、衆・参両院での会派の合流に向けて、会派の名称や運営方法などをめぐって調整を続けており、10日午後、国会内でおよそ1時間、意見を交わしました。

この中で、両幹事長は、来週にも、立憲民主党と国民民主党、それに野田前総理大臣が代表を務める衆議院の会派「社会保障を立て直す国民会議」の2党1会派の代表が会談し、これまで調整した内容を確認する方針で一致しました。

そのうえで、代表らによる会談のあと、早急に党や会派の幹部による協議会を立ち上げて、秋の臨時国会に向けた論戦の準備などを加速させることを確認しました。

福山氏は「平野氏との間ではかなりの部分で話し合いが進んだという認識を共有できた。これをもって代表どうしの会談に臨みたい」と述べました。