53万戸余りで停電続く 東電 11日中の復旧目指す

53万戸余りで停電続く 東電 11日中の復旧目指す
k10012073731_201909102150_201909102150.mp4
台風15号の影響で千葉県を中心に53万戸余りで停電が続いています。東京電力は、復旧作業を急いでいて、停電は10日中におよそ12万戸まで減る見通しだということです。残る12万戸についても11日中の復旧を目指すとしています。
東京電力によりますと、台風15号の影響で、午後9時半の時点で千葉県を中心に関東地方と静岡県のおよそ53万2800戸で停電が続いています。

このうち茨城県と神奈川県、それに静岡県では10日中に復旧作業が完了する見通しです。

一方、およそ51万7900戸が停電している千葉県では、広い範囲にわたって電柱や電線が被害を受けているため、復旧に時間がかかっていますが、東京電力によりますと停電は10日中におよそ12万戸にまで減る見通しだということです。

東京電力は、ほかの電力会社から1400人余りの応援を受け、夜を徹して作業を続けるとしていて、残る12万戸についても、11日中の復旧を目指すとしています。

東京電力がホームページに掲載している地域ごとの復旧見通しによりますと、千葉県で10日じゅうに復旧する見通しなのは、香取市、館山市、佐倉市、富里市などの地域です。

11日中の復旧をめざしているのは、千葉市、市原市、鴨川市、それに八街市などの地域となっています。東京の島しょ部については、伊豆大島と式根島、利島、それに三宅島が10日じゅうに復旧する見通しですが、新島と神津島では11日中の復旧を目指しています。

また、東京電力は、ほかの電力会社の協力も得て合わせて250台以上の電源車を用意し、停電が広い範囲で続く千葉県を中心に配置を進めています。