内閣改造 経済産業相に菅原一秀氏内定 初入閣

内閣改造 経済産業相に菅原一秀氏内定 初入閣
第4次安倍第2次改造内閣の経済産業大臣に、衆議院議院運営委員会の筆頭理事を務める自民党の菅原一秀氏が内定しました。菅原氏は初めての入閣です。
菅原氏は、衆議院東京9区選出の当選6回で、57歳。無派閥です。

東京都議会議員などを経て、平成15年の衆議院選挙で初当選し、これまでに経済産業副大臣や財務副大臣などを務めました。

現在は衆議院議院運営委員会で与党側の筆頭理事として、国会対応などをめぐる野党側との交渉にあたっています。

安倍総理大臣としては経済財政政策などに精通していることや、国会での調整力などを評価して菅原氏を経済産業大臣に起用したものと見られます。菅原氏は初めての入閣です。

ダンスはプロ並みの菅原氏。大学時代にはダンスボーカルグループ「TRF」のSAMさんとダンスユニットを組んでいました。最近では、大型の書店を訪れて、あらゆるジャンルの書籍の流行をチェックしているということです。