JR首都圏在来線 終日運転見合わせの区間も

JR首都圏在来線 終日運転見合わせの区間も
首都圏の在来線などは、10日は多くの路線で始発から通常どおり運行していますが、千葉県内の一部で終日運転を見合わせるなど影響が続いています。
JRの首都圏の在来線では、9日台風15号の影響で運休やダイヤの乱れが相次ぎ、およそ280万人に影響が出ました。

JR東日本によりますと、10日、山手線や京浜東北線など主な路線では始発から通常どおり運行しています。

また、9日終日運転を見合わせた、新宿や横浜と成田空港を結ぶ「成田エクスプレス」や京成電鉄の京成線など一部路線でも始発から通常どおり運行していて成田空港の足止めは解消しています。

一方、設備の損傷や倒木などで影響が続いている路線もあります。

千葉県内や茨城県内では内房線の姉ヶ崎と安房鴨川の間と、外房線の上総一ノ宮と安房鴨川の間、久留里線と鹿島線の全線、それに成田線の成田と銚子の間、総武本線の佐倉と銚子の間で終日運転を見合わせています。

神奈川県内では、横須賀線の逗子と久里浜の間で運転見合わせが続いていましたが、午後4時すぎに運転を再開したということです。