内閣改造 経済再生相に西村康稔官房副長官内定 初入閣

内閣改造 経済再生相に西村康稔官房副長官内定 初入閣
第4次安倍第2次改造内閣の経済再生担当大臣に、官房副長官を務める、自民党の西村康稔氏が内定しました。西村氏は初めての入閣です。
西村氏は衆議院兵庫9区選出の当選6回で、56歳。自民党細田派に所属しています。

旧通産省の職員を経て、平成15年の衆議院選挙で初当選しました。これまでに、内閣府副大臣として、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉などに携わり、党の総裁特別補佐を経て、おととし8月の内閣改造で官房副長官に起用されました。

また西村氏は、自民党が野党時代、総裁選挙に立候補した経験もあります。

安倍総理大臣としては、官房副長官などでみずからを支え、幅広い分野の政策に精通する西村氏を起用することで、政権運営を円滑に進めたいというねらいがあるものと見られます。西村氏は初めての入閣です。

西村氏は自治大臣などを歴任し、おととし亡くなった元衆議院議員、吹田※あきら氏の娘婿にあたります。

大学時代にはボクシング部に所属し、体力には自信があると言います。秘境めぐりや映画、マラソンなどが趣味です。

多くの議員連盟に所属し、事務局長や幹事を務め、同僚議員から「ミスター事務局長」と呼ばれていた時期もありました。

※「あきら」はりっしんべんにつくりが晃