「世界自殺予防デー」で無料電話相談

「世界自殺予防デー」で無料電話相談
10日はWHO=世界保健機関が定める「世界自殺予防デー」に当たります。各地では働く人たちの悩みに寄り添う無料の電話相談が行われています。
この電話相談は「世界自殺予防デー」に合わせて日本産業カウンセラー協会が10日から始めたものです。「働く人の電話相談室」として、全国19か所で無料で電話相談に応じています。

このうち大阪 中央区の会場では、午前10時から産業カウンセラーが8人態勢で職場の人間関係や働く環境にまつわるさまざまな悩みに耳を傾けていました。

警察庁によりますと、去年1年間の自殺者は全国で2万人を超え、このうち大阪府内では1275人と前の年より70人余り増えました。

日本産業カウンセラー協会関西支部の竹本潤子相談事業部長は「40代、50代の働き盛りの人からの相談が多く、パワハラや不当解雇などで心理的に追い詰められているケースもある。一人で問題を抱え込まずにまずは相談してみてほしい」と呼びかけています。

電話相談は12日までで、午前10時から午後10時まで受け付けています。

電話番号はフリーダイヤル0120-583-358です。