停電「33万戸はきょう中に解消 29万戸は復旧に時間」経産相

停電「33万戸はきょう中に解消 29万戸は復旧に時間」経産相
台風15号の影響で千葉県を中心に60万戸以上で停電が続いていることについて、世耕経済産業大臣は10日中に少なくとも33万戸の停電が解消されるという見通しを示しました。一方、残る29万戸については復旧に時間がかかるとして、東京電力に細かな情報提供をするよう指示したことを明らかにしました。
世耕経済産業大臣は閣議のあとの記者会見で、停電の復旧状況について、配電設備の復旧を進めることで10日中に少なくとも33万戸の停電が解消されるという見通しを示しました。

その一方で、残る29万戸については電柱が倒壊していたり、倒木によって電線が切断されていたりするため、復旧に時間がかかることを明らかにしました。

そのうえで「できるだけ早く復旧させたい。地域の事情もあるが、復旧見込みをきょうなのかあすなのか、東京電力にはできるだけ細かく情報提供するように指示している」と述べました。

また、世耕大臣は10日も厳しい暑さになっているとして「電源車を地域の病院や避難所などに配備していく。防災無線やネットなどで情報をよく確認して、必要があれば熱中症防止のためにエアコンの効いている避難所などで時間を過ごしてもらいたい」と呼びかけました。