サッカーW杯アジア2次予選 森保監督「思い切って楽しんで」

サッカーW杯アジア2次予選 森保監督「思い切って楽しんで」
サッカー日本代表の森保一監督が、ワールドカップカタール大会のアジア2次予選の初戦となる10日のミャンマー戦に向けて記者会見し、「選手たちはプレッシャーがかかると思うが思い切って楽しんでほしい」と話しました。
世界ランキング33位の日本は7大会連続のワールドカップ出場を目指して、10日から始まるカタール大会のアジア2次予選の初戦で世界135位のミャンマーとアウェーで対戦します。

森保監督は記者会見し、「1戦1戦勝利を目指して戦うこと、個人とチームが成長して強くなることを積み上げてやっていきたい。プレッシャーがかかる予選になると思うが、選手たちは幸せな気持ちを持って思い切って楽しんでもいたい」と話しました。

そのうえで「あすの先発メンバーにはコンディションのいい選手を起用したい。練習でも体験したが、スコールが降ってきてグラウンドの状況が悪い中でプレーしないといけないときに、いい判断をして相手を上回っていけるように戦ってほしい。選手たちには現実の中で環境を受け止めながらプレーしてほしい」と話しました。

アジア2次予選の初戦、ミャンマー戦は日本時間の10日午後9時20分キックオフの予定です。

ミャンマー監督「大いなる挑戦」

ミャンマー代表のラドゥロビッチ監督は、森保監督に続いて会見し、「われわれのチームにとっては大いなる挑戦となる。しかし、最善を尽くしていい結果が得られるようにしたい」と述べ、日本を格上と認めながらも、ホームで何とか勝機を見いだしたいとしました。