日本酒「獺祭」26万本自主回収へ アルコール度数にばらつき

日本酒「獺祭」26万本自主回収へ アルコール度数にばらつき
k10012072541_201909100522_201909100834.mp4
山口県岩国市のメーカーが製造し、海外でも人気が高い日本酒「獺祭」で規定のアルコール度数と異なる商品が出荷されたことがわかり、メーカーは10日から約26万本余りを自主回収することになりました。
自主回収されるのは岩国市の酒造メーカー「旭酒造」が、ことし4月から5月末までと、7月中の2つの時期に製造した「獺祭」のうち「純米大吟醸磨き三割九分」「純米大吟醸45」など4種類の商品の一升瓶と四合瓶、合わせて26万本余りです。

旭酒造によりますと、獺祭のアルコール度数は通常16%で出荷されますが、自主回収する商品は約12~17%の間と、規定のアルコール度数と異なり、ばらつきがあったということです。

担当者が品質を確認しようと口に含んだ際に異常に気付き、詳しく調べたところ、獺祭の原酒に水を加えてアルコール度数を調整する工程の一部で、かき混ぜる作業が行われなかったということです。

旭酒造は10日から全国の販売店などを通じて回収を始めることにしています。

旭酒造の桜井一宏社長は「きちんと製造できておらず、消費者に大変申し訳なく思います。信頼回復のためこれまで以上に品質向上に努めたい」と話しています。