警備会社の金庫から3億6000万円盗んだ疑い 元社員を指名手配

警備会社の金庫から3億6000万円盗んだ疑い 元社員を指名手配
k10012072401_201909092053_201909092103.mp4
埼玉県三郷市の警備会社の金庫から現金3億6000万円が無くなっていたことが分かり、警察はこの会社に勤めていた28歳の男が盗んだ疑いがあるとして、全国に指名手配して行方を捜査しています。
指名手配されたのは埼玉県三郷市の警備会社「アサヒセキュリティ新三郷本部」の社員だった伊東拓輝容疑者(28)で、警察によりますと、今月4日、会社の金庫から現金3億6000万円を盗んだ疑いが持たれています。

会社の現金を管理していた伊東容疑者が2日連続で無断欠勤したため、別の社員が不審に思って調べたところ、現金が無くなっていたことに気付いたということです。

金庫がある部屋に設置された防犯カメラには、伊東容疑者が段ボール箱に現金を入れて外に持ち出す様子が写っていたということです。

警察などによりますと、この会社はほかの会社から売上金を預かって管理する業務などを行っているということです。

警察は伊東容疑者を盗みの疑いで全国に指名手配して行方を捜査しています。