上皇后さま 経過おおむね順調 あす退院

上皇后さま 経過おおむね順調 あす退院
8日、乳がんの摘出手術を受けた上皇后さまは経過がおおむね順調なことから、10日、退院されることになりました。
上皇后さまは7日から東京 文京区の東京大学附属病院に入院し、8日早期の乳がんの摘出手術を受けられました。

予定どおり、がんとその周辺だけを摘出する部分切除術が行われ、手術中に行われた病理検査の結果、転移は認められなかったということです。

宮内庁によりますと、上皇后さまは9日は時間がたつにつれ少しずつ食事をとれるようになったほか、病室を出て廊下を歩くなど、手術後の経過はおおむね順調だということで、10日午後、東大病院を退院されることになりました。

9日は夕方、上皇さまが8日に続いて病院を訪れ、上皇后さまを見舞われました。

上皇后さまの今後の治療については、摘出した組織を詳しく調べる病理診断の結果を受けて、検討されることになっています。