パラ競泳世界選手権が開幕 ロンドン 東京パラ出場かけ

来年の東京パラリンピックの代表内定がかかるパラ競泳の世界選手権が9日、イギリスで開幕しました。14人の日本選手が東京パラリンピックの出場をかけて世界の強豪と戦います。
パラ競泳の世界選手権は9日から7日間の日程でロンドンで行われ、およそ80の国と地域から650人の選手が集まり、日本からは14人の選手が出場します。

この大会で優勝した選手は東京パラリンピックの代表に内定し、2位以内に入ると日本に出場枠が与えられます。

大会初日から早速、日本選手たちがレースに臨み、男子50m自由形の視覚障害のクラスでは、リオデジャネイロパラリンピックで銀メダルを獲得している木村敬一選手(28)と初出場の富田宇宙選手(30)が出場します。

2位以内に入って日本選手最初の代表内定と出場枠獲得ができるかに注目です。

▽女子50m自由形の視覚障害のクラスには日本記録を持つ石浦智美選手が、
▽女子200m自由形の知的障害のクラスは去年のアジアパラ大会で金メダルを獲得している16歳の北野安美紗選手が、登場します。

パラ競泳の世界選手権は日本時間の16日まで行われ、東京パラリンピックの前哨戦として、日本が世界の強豪たちとどこまで戦えるかが試されることになります。