台風15号 なぜ発達?「海水温の高さ」と「コンパクト」

台風15号 なぜ発達?「海水温の高さ」と「コンパクト」
関東に記録的な暴風をもたらした台風15号は一時、関東の近海で非常に強い勢力まで発達しました。なぜ、これほど発達したのか。気象庁や専門家は「海水温の高さ」と「台風がコンパクトだったこと」が原因だと分析しています。
台風15号は関東の南で一時、中心の気圧が955ヘクトパスカルとなるなど非常に強い勢力に発達し、千葉市付近に上陸したときは960ヘクトパスカル、最大風速40mの強い勢力でした。

気象庁によりますと、統計の残るこの30年ほどで関東に上陸した台風としては最も強いクラスだったということです。

なぜこれほど発達したのか。

その原因の一つが「海水温の高さ」です。

台風が通過した日本の南の海域は海水温が平年より1~2度ほど高かったうえ、海水温が高い場所は関東の近海まで続いていました。

気象庁は、海水温が高かったため台風に大量の水蒸気が送り込まれたことが発達した要因だとしています。

さらに気象の専門家は「台風の大きさが比較的コンパクトだったこと」も原因の一つだと指摘しています。

台風のメカニズムに詳しい名古屋大学の坪木和久教授によりますと、今回の台風15号は比較的雲の範囲が小さく、台風の目がはっきりしていたのが特徴です。

こうしたコンパクトな台風は雲が中心に向かってまとまりやすいため発達しやすい特徴があるということで、このことも台風15号が発達した要因だったと分析しています。