東京パラリンピック チケット販売サイトに135万件アクセス

東京パラリンピック チケット販売サイトに135万件アクセス
k10012072261_201909091927_201909091933.mp4
来年の東京パラリンピックを観戦するチケットの抽せん販売の申し込みが9日、締め切られ、大会組織委員会によりますと、販売サイトには延べ135万件のアクセスがあったということです。
東京パラリンピックの観戦チケットの抽せん販売の申し込みは、パラリンピック専用の公式販売サイトで先月22日から始まり、9日午前11時59分に締め切られました。

東京パラリンピックのチケットは招致計画の段階では、およそ230万枚に上りますが、組織委員会によりますと、9日の締め切りまでに販売サイトには、延べ135万件のアクセスがあったということです。

組織委員会は具体的な申し込みの数や抽せんの倍率は明らかにしていませんが、車いすバスケットボールや車いすラグビー、車いすテニスなどは比較的人気が高いということで、「パラリンピックに対する関心が高まっているという手応えを感じている」としています。

一方で、東京オリンピックのチケットの抽せん販売の申し込みには、パラリンピックのおよそ18倍となる延べ2425万件のアクセスがありました。

東京パラリンピックのチケットの抽せん結果は来月2日に発表され、当選すると来月15日までに購入の手続きを行う必要があり、これを過ぎた場合、購入の権利は無効になります。

来年からは公式サイトで第2次の抽せん販売が行われ、来年の春以降は都内に設置される販売所で直接購入することができます。