上智大生殺害事件 未解決のまま23年 父親らが解決訴え

上智大生殺害事件 未解決のまま23年 父親らが解決訴え
平成8年に東京 葛飾区で、上智大学の女子学生が殺害され、自宅が放火された事件は、未解決のまま9日で23年となりました。遺族は自宅の跡地に花を手向け、解決を訴えました。
平成8年9月9日、上智大学の4年生だった小林順子さん(当時21)が、東京・葛飾区の自宅で刃物で刺されて殺害され、自宅が放火されました。

事件は未解決のまま9日で23年となり、事件が起きた時刻に父親の賢二さん(73)や亀有警察署の署長などが自宅の跡地を訪れ、花を手向けました。

この事件では、雨が降る中、傘も差さずに順子さんの自宅を見つめるコート姿の不審な男が目撃されていて、遺族らは順子さんがよく利用していた柴又駅で、事件の情報が書かれたチラシを配り、情報の提供を呼びかけました。

父親の賢二さんは「事件が解決するのはきょうか、あすかと、毎日期待して暮らしています。ささいな情報でもいいので、勇気をもって警察に連絡してほしい」と話していました。

情報は捜査本部がある亀有警察署、03・3607・0110で受け付けています。