台風15号 各地で記録的暴風 しばらくは強風や高波に注意

台風15号 各地で記録的暴風 しばらくは強風や高波に注意
強い台風15号の影響で、9日は関東の各地で記録的な暴風となりました。台風は次第に日本から遠ざかっていますが、気象庁は、しばらくの間、強風や高波などに注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、台風15号は9日の明け方、強い勢力で千葉市付近に上陸したあと茨城県を通過しました。

関東では9日朝にかけて記録的な暴風となり、最大瞬間風速は、千葉市で57.5メートル、羽田空港で43.2メートルと、いずれも観測史上1位の記録を更新したほか、横浜市でも41.8メートルを観測しました。

台風は東北の東の海上を北東へ進み、次第に日本から遠ざかっていて、11日には温帯低気圧に変わる見込みです。

関東や東北の風や雨のピークは過ぎましたが、9日は東北の太平洋側を中心に風が強い状態が続くほか、東北と関東の太平洋側の海上ではしけが続く見込みです。

また、これまでの雨で、東北などでは地盤が緩んでいる地域があります。

気象庁は、しばらくの間、強風や高波、それに土砂災害などに注意するよう呼びかけています。