「日の丸飛行隊」 札幌五輪スキージャンプ銀 金野氏死去

「日の丸飛行隊」 札幌五輪スキージャンプ銀 金野氏死去
1972年の札幌オリンピック、スキージャンプ70メートル級で表彰台を独占した「日の丸飛行隊」で銀メダリストの金野昭次さんが亡くなりました。75歳でした。
金野さんは札幌市出身で北海高校から日本大学を経て、当時の北海道拓殖銀行に入り、1968年のグルノーブルオリンピックと1972年の札幌オリンピックにスキージャンプの日本代表として出場しました。

札幌オリンピックでは70メートル級で金メダルに輝いた笠谷幸生さんに次いで銀メダルを獲得し、銅メダリストの青地清二さんとともに、「日の丸飛行隊」と呼ばれました。

札幌スキー連盟によりますと、金野さんは、昭和52年まで選手生活を送り、平成12年からは競技役員として大会の運営に携わっていましたが、その後、体調を崩し、今月5日に亡くなったということです。