“日本酒を海外に” 中田英寿さんら 輸出促進策を検討

“日本酒を海外に” 中田英寿さんら 輸出促進策を検討
海外への日本酒の輸出を促進するため、サッカー元日本代表の中田英寿さんらを招いた会議が、東京の国税庁で開かれました。
この会議は酒税を取り扱う国税庁が開いたもので、全国各地の日本酒の蔵元のほか、世界各国に日本酒の魅力を広める活動をしている中田英寿さんやソムリエの田崎真也さんらが出席しました。

会議は非公開で行われましたが、日本酒の輸出を促進するために付加価値を高める戦略などが話し合われたということです。

中田さんは会議のあと取材に応じ、「日本酒は世界で高く評価されるようになってきたが、輸出した際に品質が劣化してしまうケースも多く大きな課題を残している。国や省庁が団結することが、日本酒をさらに海外に広めるための大きなステップになる」と述べました。

日本酒の国内の消費量は、若者を中心に日本酒離れが進み縮小傾向にありますが、世界的な日本食ブームを追い風に、海外への輸出額は去年まで9年連続で過去最高を更新していて、海外の市場をいかに開拓するかが課題になっています。